CATEGORY

シーズン7(263~303話)

妃英理が小五郎のことを遠回しに愛していると伝えた件について

この話の中で英理が「それは被告がいまだに奥さんのことを愛しているからよ。そして、奥さんも…」と証言するシーンがありました。 このシーンはあくまで「英理と小五郎」の関係について言及したわけでは全くなく、被害者と加害者の関係性について触れているわけですが、どうも青山剛昌先生は「仕組んだに違いない」と思わずにはいられません。 英理は小五郎自身が眠っていることには気づいていないため、もしかしたら「ねぇあな […]