コナンアニメ初めての前後編作品はいつ?登場人物は?

コナンアニメで初めて前後編が放送されたのは、第22話の「豪華客船連続殺人事件(前編)」になります。第23話が後編ですね。
コナンアニメが放送されて20話ほどで前後編が出てきたというのは、想像よりも早いのではないでしょうか。

この話は豪華客船の中で殺人事件が起こるのですが、ストーリー展開としては「そこまで重要ではない」というのが結論です。
例えば黒の組織の今後に関わるだとか、そういった話は一切出てこないです。

ですので「なぜこの話を最初の前後編にしたのか?」という疑問が出てきます。
多分深い意味はないと思うのですが、伏線大好き青山剛昌先生ですので、こちらからしても勘ぐってしまいますよね。

登場人物も今までと変わりはなく、小五郎と蘭、コナン君で話が進んでいきます。
他にも「旗本家の家族」が出てきますが、もちろんその後のコナンのストーリーに関わってくる人物ではありません。

個人的には、ここで初めて前後編を放送するのではなくて、27話の「小五郎の同窓会殺人事件」まで引っ張って欲しいところでした。
こちらの話は小五郎が主人公になる初めての回ですので、手に汗握る展開がたくさん出てきます。

コナンはアニメもマンガも映画も申し分ないほど面白いですが、最初の前後編に関しては「微妙」という判定です。

ただ、それ以降は面白い前後編が続いているので、これから先も「どんなストーリーが描かれるのだろう?」とワクワクしながら期待しましょう!