【鬼山地獄】ワニの池に一切、鎖や檻がないけど大丈夫?

851話で、小五郎は蘭とコナン君を連れて、別府市にある地獄温泉に旅行に来ていましたね。ここには8か所の地獄と呼ばれる温泉や観光地があるのですが、その中で問題なのは「鬼山地獄」です。
この鬼山地獄は別名「ワニの池」と呼ばれているそうですが、見た感じ数十頭のワニが放し飼いにされていました。
そのワニを見るために観光客が周りに集まっていますが、まず「観光客メンタル強すぎ問題」が挙げられます。
だって目の前に数十頭のワニがいるのに、鎖も繋がれていない、檻もないワニの池を見て楽しむことができるなんて、常人には無理です。さすが名探偵コナンの世界に出て来る登場人物たちですよね。

しかし、ワニの池を管理している運営側もちょっと頭がやばい気がします。
「登場しているワニが肉食かどうか」については語られていませんが、肉食ではなくとも、どう考えても危ないことは間違いありません。

というか、コナンや小五郎の周りでは常に殺人事件が起こっているのに、なぜこのワニの池で殺人が起こらないのかが謎でしかありません。

これから先、運営側の管理が改善されることを切に願っています。