TAG

第114話「スキューバダイビング殺人事件(前半)」

蘭が仲の悪い両親の間を持つときの心境を考察してみた

114話は蘭の両親である「毛利小五郎」と「妃英理」が初共演する回ですが、この回の蘭はシンプルに「可哀そう」だと思うんですよね。 まず、仲の悪い両親を会わせようと「伊豆のビーチ」にサプライズで企画したわけですが、英理を発見した小五郎は(この時点では英理だと気づかず、若いお姉さんだと思ってる)、英理に対して「うひょ~、お姉さん、オイルなら僕が塗りましょうか?」と提案するわけですが、英理だと気づくと否や […]